医者任せにしない!うつ病を克服した私の治療体験記

うつ病は「見えない病気」だからこその治療と理解の難しさがあります。うつ病を克服した私の経験をもとにサイトを立ち上げましたので少しでも多くの方に読んで頂けたら幸いです。

突然のパニック症状に負けないセルフ対策法

うつ病の人はパニック障害も併発しやすいとも言われています。 なぜ併発するのか、なぜうつ病とパニック障害という組み合わせなのか、その詳しい原因については明らかになっていない様子ですが、実際に両方の症状を持っている人は決して少なくない印象があり…

突然顔を出すパニック症状への対処

うつとパニック障害はよく併発すると言われていますが、実は、うつがある程度寛解してからも突然パニック症状が起こることがあります 一度パニック障害を経験すると、体がその仕組みを記憶してしまうのか、強いストレスがかかった時に症状が顔を出すことがあ…

自分の症状に合わせた「落ち込み解消法」

製薬会社やうつ経験者などによる「落ち込み解消法」として、これらのことがよく挙げられています。 ・無理をしない・心配しすぎない・ゆっくり入浴する・好きなものを食べる・おしゃれをする いずれも、うつ病者が度を超えて頑張ったり自省しすぎることでも…

ハーブの癒し

人間の心身に作用すると言われるハーブ。 入浴剤、ハーブティー、アロマエッセンスなど、今や私達の生活に万遍なく溶け込んでいるアイテムです。 疲れを癒すラベンダー、元気が出るローズマリー、深い眠りに誘うゼラニウム、頭をスッキリさせたい時のミント…

カウンセラーの選び方

うつ病だけでなく、様々な場面で力強い存在となってくれるのが「カウンセラー」ですね。 私自身、何件かのカウンセリングルームに問い合わせたり実際に出向いたりした結果、とても素晴らしいカウンセラーさんと出会うことができました。 さて、それではどう…

睡眠薬と副作用の理解を深める

うつ病になると、どうしても「不眠」という症状と付き合うことになります。不眠のタイプは人それぞれなのですが、大きく分けると 〔寝付けない〕〔夜中に目が覚めて、それ以降眠れない〕〔早朝に目が覚めて、それ以降眠れない〕 …の三つに分類されると言われ…

治療に役立つ書籍を読む

うつ病に関する書籍はたくさん出ていますが、中でも実際に私や私の家族が参考書として読んでいたものを、ご紹介しましょう。 精神科セカンドオピニオン 2という本ですが、これは、四国のある精神科医師と患者家族が協力して作り上げた、他に例を見ない優れた…

うつ病患者の掲示板

人に会いたくない、話したくないというのが抑うつ症状の特徴的なところで、人との関わりをできるだけ排除しようとしてしまいます。 結果として、他人とは最小限の交わりしか持たず、家に閉じこもることが多くなるため、とても孤独になりやすいのです。 本人…

自分なりのリラックス法を持とう

抑うつ症状がひどい時には、自分からリラックスしようなどという気分には、とてもなれないものです。ですが、心と身体をリラックスさせることは、本当はうつ病にはとても大切で回復にも効果的なものなんです。 あなたが一番リラックスできることは何ですか?…

依存症を知る

うつ病患者に依存症を持つ人が多いのは、知っていますか? 一番関連性があると言われているのが、アルコール依存症です。これには、うつ病からくる不安感やイライラなどを解消するためにお酒を飲む場合と、アルコール依存症によって不安感や不眠などの症状を…

薬剤治療とカウンセリングと休養の三要素

うつ病の治療に欠かせない三要素があります。 それは、薬剤治療・カウンセリング・休養です。 薬剤治療に関しては、他のページで十分解説したつもりですが、現在の精神医療では「副作用度外視の多剤処方」が当たり前になっているため、ただ漫然と処方された…

「うつ病が怠け者にしか見えない」という意見

うつ病に対する周囲の意見として、このようなものがあります。 『うつ病の人が身近にいたとして、その人は終日家に引きこもり、仕事もせず、ネットや漫画ばかりに没頭している一方で、本人は気力がないと言うが、全く元気な人にしか見えない。』 あくまでも…

うつ病になったら何もしちゃいけないの?

うつ病になり、治療に専念するために会社を辞めた人が、しばらくしてからリハビリのために簡単な作業等を初めて社会復帰を目指すことがあります。 自治体や民間団体が運営するリワークプログラムなどに所属し、そこで少しずつ人との関わりや体を動かすことに…

うつ病と発達障害って関連性があるの?

「発達障害」とは、病気ではなく、気質や状態そのものを指す言葉です。 これまで発達障害と言えば、先天的な発達の遅れを意味し、例えば自閉症がその代表例であると考えられてきました。 しかし昨今では、発達障害の定義がより広くなってきており、子供だけ…

難治性うつ病って?

うつ病では薬物治療が主になってきますが、ある程度の期間治療を試みてもなかなか効果がみられないような場合、「難治性うつ病」と診断されることがあります。 もう少しくだいて言いますね。 初めてうつ病と診断されると、医師の判断によって抗うつ薬や気分…

非定形うつ病って?

うつ病と言われるものの中で、その4割を占めると言われているのが、この「非定形うつ病」なんです。 ちょっとしたことでガクン!と落ち込む一方、飲み会や趣味など好きなことには気持ちもラクになって、楽しく過ごせたりします。この極端な感情の起伏が、「…

抑うつ神経症はうつ病と違うの?

「抑うつ神経症」は、医学上「うつ病」とは区別されています。 基本的には、憂うつ、無関心、無気力、悲観などうつ病と同様の「抑うつ症状」が見られ、うつ病との明確な境界線は非常にわかりにくい、というのが実情なんです。 強いストレスから脳内物質セロ…

うつ病ってどんな病気?

うつ病は、長期間に渡って憂うつ感や無気力の状態に陥り、それが日常生活・社会生活を送る上で支障をきたすようになる心の病気です。 ちょっと難しく言えば、意欲や元気を伝達する脳内物質〔セロトニン〕が減少し、正常に機能しなくなることで、憂うつや無気…

「医師とともに着実な職場復帰を」

過日、興味深い新聞記事を見つけました。 『うつ病は治療と同時にリハビリが必要』だというものです。 うつ病は正しい治療を続けていくと徐々に快方に向かっていきますので、療養中から経済的・社会的状況に焦りを感じている患者としては、早く職場復帰した…

カウンセリングをもっと身近に

自分自身の経験から、うつ病の治療方法は〔投薬とカウンセリング〕の二本立てが望ましいと考えています。 薬でうつ病の諸症状を抑えるのが「薬物療法」ですが、過度のストレスに耐えかねた心身を整え直すには、薬による対症療法だけでは不十分のように感じる…

こころの問題?脳の問題?

今回は、個人的な見解も含みながらお話させて頂きます。 過日、NHKでうつ病の最先端治療に関する番組を放映していました。 アメリカのとあるうつ病患者さんを追うドキュメント形式で、従来の薬物療法とは全く異なる治療法を行うことによって劇的に回復してい…

セカンドオピニオンのススメ

「セカンドオピニオン」って、聞いたことありますか?「病気の症状や現在の治療法について、主治医以外の医師の意見を聞く」ということです。 現在の治療法に疑問を持っている時や、他に良い治療法がないかを知りたい時などに、他の医師の意見も聞いたうえで…

インターネット掲示板における情報交換

うつ病になると、どうしてもエネルギーが枯渇するので、何事にもやる気が起きなくなります。朝目が覚めて着替えるのさえ、大きなエネルギーが必要なくらいです。 だから、自分でうつ病について調べていくなんてことは、非常に力を消耗する行為だということは…

新聞における特集記事

新聞でも、うつ病は度々取りあげられています。 職場での過労うつ病を取りあげた記事だとか、認知療法を取りあげた記事だとか、断片的かつ断続的ではありますが、新聞紙面上にも出てきています。 でも、前のページで触れたような、横行する誤診やめちゃくち…

NHKの特集番組

うつ病が、昨今テレビでも取りあげられてきていますね。NHKの特集番組のテーマになることが多いようですが、その内容について大まかに見ていきましょう。 今年の2月には、NHKで「うつ病治療 常識が変わる」という番組が放送されました。番組内では、うつ病…

漢方薬「ツムラ83番」

うつ病では、慢性的な疲労感に悩まされることが多々あります。 こういった疲労感というものは、西洋薬では対応しきれないことが多いように思います。 何故なら、西洋薬は基本的に、特定の症状に対して効き目を持つものであり、長期的に体質を改善していく東…

漢方薬

うつ病の治療に、漢方薬を使用することもあるのは、知っていますか? 漢方薬は中医学で用いられる薬で、生薬の力を借りて、人間の身体が本来持っている自然治癒力を高めることが目的となっています。西洋医学のように、薬そのものが病気の原因に働きかけると…

睡眠薬

睡眠薬は、効果の持続時間によって分類することができます。 即効性があり持続時間も短い「超短時間型」は、寝入ることが難しい(入眠障害)場合にとても効果があります。ハルシオンやアモバン、マイスリーがこれにあたります。 その次が「短時間型」で、こ…

気になる症状は積極的に伝えよう

うつ病の治療中には、いろいろな症状を経験することがあります。ストレスによる症状や薬による症状など、よく見られるものを以下に挙げてみましょう。 ソワソワする 身も心もとにかく落ち着かず、常に焦っているような感じ→ ストレス過多になっていて「寝て…

のれんに腕押し

医師によっては、まるで手応えのない、頼りない問診を行う場合があります。 定期的な問診で「どうですか?」と聞いてくるものの、こちらが昨今困っている症状を伝えても、ありきたりな回答を返すばかり、というケースです。 「どうしても夜中に起きてしまう…